教育目標

園内イメージ

学園の教育目標

人権尊重を基盤とした、豊かな心と社会の変化に主体的に対応できる知恵を備え、気付き・考え・行動できる「浅江っ子」の育成

学園のめざす子ども像

気付き・考え・行動できる子ども
〇 地域が大好きな子ども
〇 自分に自信がもてる子ども
〇 人とつながり、ふれあう子ども

令和3年度 学校教経営方針

 

1 学園の教育目標
 人権尊重を基盤とした、豊かな心と社会の変化に主体的に対応できる知恵を備え、気付き・考え・行動できる「浅江っ子」の育成

2 学園のめざす子ども像
 ◎ 気付き・考え・行動できる子ども
 〇 地域が大好きな子ども
 〇 自分に自信がもてる子ども
 〇 人とつながり、ふれあう子ども

3 校訓(学校として大切にしたい子どもの姿)
 〇 礼儀 礼儀を重んじ、他人と協力する中で自他を大切にする生徒  
 〇 努力 見通しを持ち、最後まで粘り強く努力する生徒       
 〇 健康 自他の健康に関心を持ち、自ら鍛え抜く生徒        

4 めざす学校像
 〇 感動とよろこびが体感できる活力あふれる学校
  ・ 深まりのある授業と体験活動・部活動を通して
 〇 共創と協働の教育を実践し地域から信頼される学校
  ・ 「あさなえJネット」の充実と活性化を通して
  〇 「美しい心」の実践を通して光輝く学校
  ・ 読書活動の推進を通して
  ・ 明るいあいさつ、正しい言葉の励行を通して
  ・ 無言清掃とボランティアの励行を通して

5 求める教師像
 〇 人間として信頼される教師 
 〇 生徒を信頼し、ともに考える教師 
 〇 教育者のプロとして、自信と誇りをもった教師
 〇 資質・能力の向上を目指し、ともに学び合う教師
 〇 心身ともに健康で、心にゆとりのある教師

6 経営の方針
 〇 本校教育目標の実現をめざして、「あさなえJネット」のさらなる充実を図り、地域の学校として、活力と創意にあふれた教育活動の推進に努める。
 〇 小学校との一層の連携強化を通して、9年間の系統性・体系性に配慮した教育活動を展 開し、小中一貫教育の充実を図る。
 〇 二学期制の趣旨を踏まえながら教育活動を推進し、継続的な学校改善に努める。
 〇 常に生徒を第一義とし、信頼と敬愛のもと、和と秩序のある学校づくりに努める。
 〇 生徒のよさや可能性を引き出し、一人ひとりの個性や能力の伸長に努める。 
 〇 全教職員が共通理解し、夢を語り、知恵を出し合う教職員集団づくりに努める。

7 本校の教育課題
 ◎ 主体的に学習に取り組む態度の育成と思考力・判断力・表現力等の向上
 ◎ 素直な心や思いやりの心を持ち、主体的に社会に参画・貢献しようとする生徒の育成
 ◎ 学校不適応生徒への対応の充実
 ◎ 特別支援教育の充実

8 本年度の努力点
 (1) 「あさなえJネット」の充実により、地域・家庭・学校が一体となった取組を推進する。
   ア 人と人とのつながりを通じた、豊かな心と郷土愛の育成
    ・ 地域の教育力の有効な活用と地域貢献の推進
   イ 地域・家庭・学校が一体となった教育課題への対応
    ・ 小学校と連携した重点課題に対する取組の推進
    ・ PTA及び生徒会の参画による取組の一層の充実
   ウ 積極的な学校情報の発信と授業参観等による公開
 (2) 小学校とのつながりの強化を図る。
   ア 「学園のめざす子ども像」を実現するための「学校・地域連携カリキュラム」の実施と検証
   イ 小中が連携したコミュニティ・スクールの在り方の検討
 (3) これからの時代に求められる資質・能力の育成と学力の向上を図る。
   ア 「つながりのある授業」づくり
    ・ 「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った授業改善を、ユニット型研修の推進によって実現
    ・ 9年間のつながりのある授業づくりの推進
    ・ 地域の方と学び合う授業の推進と効果の検証
    ・ 一人1台端末を効果的に活用した授業の研究
   イ 基礎的基本的事項の習熟を図る個に応じた指導
    ・ 少人数指導による授業の充実
    ・ 補習等による個別指導の充実
   ウ 「自ら学ぶ力」を育てる意欲的な学習習慣の確立
    ・ 「振り返りシート」の活用等による主体的に学習に取り組む態度の育成
    ・ 「浅中トライ」の活用促進による家庭での学習習慣の確立

  (4) 「美しい心」の実践化・態度化を図る。
   ア 「美しい心」の陶冶場面の重点化
    ・ 読書活動 ・・・心を耕し、「美しい心」に向かう場
    ・ あいさつ・言葉遣い・・・「美しい心」を表現する場
    ・ 無言清掃・ボランティア活動  ・・・「美しい心」を磨く場
   イ 道徳教育・人権教育の充実
    ・ 多様な意見を生かした考え・議論する道徳への転換
    ・ 一人ひとりのよさを認め合う集団づくり・・・いじめ0をめざして
 (5) 関わり続ける生徒指導の実践と生徒会活動の活性化を図る。
   ア 関わり続ける生徒指導の実践
    ・ スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、地域の力を活用した教育相談体制の充実と生徒指導委員会・ケース会議の充実
    ・ 定期的アンケート調査の実施による生徒の実態把握
    ・ 複数担任制の導入による安心・安全な学びの環境づくり
   イ 生徒会活動の活性化
    ・ 「あさなえJネット」と連携した自主的活動の強化
    ・ 小中高が連携したSNS等の利用にかかわる意識啓発
    ・ 健康な心と体づくりの実践と生活リズムの改善に向けた取組の推進
   ウ 規範意識の醸成・我慢強さやねばり強さの育成
    ・ 基本的生活習慣の定着
    ・ 集団行動の徹底と部活動の充実
  (6) 特別支援教育における体制強化と指導の充実を図る。
   ア 一人ひとりの障害の状態等に応じた指導の充実
    ・ 障害の状態等の的確な把握と指導内容・指導方法の工夫
    ・ 保護者・地域・関係機関との連携強化
   イ 校内の協力体制の充実
    ・ 全職員による研修の推進と連携システムの構築

令和3年度 学校評価アンケート結果(前期)

 
 実施日:令和3年10月上旬

 対象者:保護者、生徒、教職員

 内 容:あさなえ学園教育目標を基にした浅江中学校本年度の努力点6項目について、教職員・保護者は「学校」・「生徒」・「自身」の取組を、生徒は「学校」・「自身」の取組を「そう思う」・「どちらかといえばそう思う」・「どうちらかといえばそう思わない」・「そう思わない」・「わからない」の5段階で回答する。

 結 果: ※ただいま準備中
  ○保護者用アンケート結果
  ○生徒用アンケート結果
  ○教職員用アンケート結果

  ◎浅江中の取組に対する評価の比較
  ◎生徒の取組に対する評価の比較